本文へスキップ

難病 パーキンソン病患者と共に生きる。

パーキンソン病 介護・症状日誌

 PC版スマートホン版 

介護日誌Carea Diary

介護日誌(2015年07月)

施設写真
パーキンソン病患者の夫として、介護者として、日々の出来事、気づいた点を綴ります。
進行期を経て薬の量、服薬時間で症状が少し改善。wearing-off(日内変動)があり、ONを継続させるため四苦八苦で日々格闘中。

・作業療法士による訪問リハビリを週3日間(通算時間120分)、
・訪問看護を週2日(120分)を行っている。


介護を行っていると精神的に追い込まれる事が多く気分転換に留意。


介護日誌 (パーキンソン病発症9年目)

 07月第5週の症状。
・レキップCRを13時00分服薬。

平均ON時間は、12.87時間(先週より増)
平均OFF時間は、2.13時間。

ONが継続:12回/週12回中。(多い方が良し)
2相性OFF:9回/ 週12回中。(少ない方が良し)
Delayed-On 0回/週14回中。(少ない方が良し)

出現症状は、
ON時:傾眠、幻視。
OFF時:無動、小声、呂律が悪い、流涎、姿勢、
    下肢ジストニア。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
ネオド700mg、COMT700mg/日、
ノウリアスト40mg/日、
トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
入院中の体調が悪く、自宅に戻れば体調が元に戻る。
精神的な事が体調に出てきたのか??
 平成27年08月02日(
介護日誌週症状  
 平成27年07月26日(
介護日誌週症状  
   07月第4週の症状。
・レキップCRを13時30分服薬。

平均ON時間は、12.35時間(先週より増)
平均OFF時間は、2.65時間。

ONが継続:32回/週49回中。(多い方が良し)
2相性OFF:9回/ 週49回中。(少ない方が良し)
Delayed-On 2回/週56回中。(少ない方が良し)

出現症状は、
ON時:傾眠、幻視。
OFF時:無動、小声、呂律が悪い、流涎、姿勢、
    下肢ジストニア。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
ネオド700mg、COMT700mg/日、
ノウリアスト40mg/日、
トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
幻視が出現しだした。虫が飛んでいる、ほこりが浮遊していると言うもので。以前の幻視とは異なる。(以前は人が見えると言うものであった)
出現原因を調査検索をしよう。
  07月第3週の症状。
・レキップCRを13時30分服薬。

平均ON時間は、12.10時間(先週より増)
平均OFF時間は、2.90時間。

ONが継続:34回/週49回中。(多い方が良し)
2相性OFF:7回/ 週49回中。(少ない方が良し)
Delayed-On 3回/週56回中。(少ない方が良し)

出現症状は、
ON時:傾眠。
OFF時:無動、小声、呂律が悪い、流涎、姿勢、
    下肢ジストニア。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
ネオド700mg、COMT700mg/日、
ノウリアスト40mg/日、
トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
レキップCR服薬時間を13時30分変更してから11時〜14時までON,OFF変動が目立つが、午後20時以降のONが多くなった。
また、OFF時、流涎は有るが頻度が少なく成った。
平成27年07月19日(
介護日誌週症状  
 平成27年07月05日(
介護日誌週症状 
 07月第2週の症状。
・レキップCRを13時30分服薬。

平均ON時間は、12.32時間(先週より増)
平均OFF時間は、2.68時間。

ONが継続:35回/週49回中。(多い方が良し)
2相性OFF:7回/ 週49回中。(少ない方が良し)
Delayed-On 1回/週56回中。(少ない方が良し)

出現症状は、
ON時:傾眠。
OFF時:無動、小声、呂律が悪い、流涎、姿勢、
    下肢ジストニア。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
ネオド700mg、COMT700mg/日、
ノウリアスト40mg/日、
トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
レキップCR服薬時間を13時30分変更してから11時〜14時までON,OFF変動が目立つが、午後20時以降のONが多くなった。
 07月第1週の症状。(4日間)
・レキップCR服薬時間を13時30分 ⇒14時30分に変更。

平均ON時間は、12.18時間(先週より増)
平均OFF時間は、2.82時間。

ONが継続:21回/週24回中。(多い方が良し)
2相性OFF:3回/ 週24回中。(少ない方が良し)
Delayed-On 0回/週28回中。(少ない方が良し)

出現症状は、
ON時:傾眠。
OFF時:無動、小声、呂律が悪い、流涎、姿勢、
    下肢ジストニア。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
ネオド700mg、COMT700mg/日、
ノウリアスト40mg/日、
トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
レキップCR服薬時間を13時30分 ⇒ 14時30分に変更してから11時〜14時までON,OFF変動が目立つが、午後20時以降のONが多くなった。
12時服薬を ⇒ 11時30分に前倒しとし様子を見よう。
 平成27年07月05日(
介護日誌週症状 
ハスの花
はすの花
 文月
文月(ふみつき)と呼び、新暦07月の別名としても用いる。

7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。

誕生石は、ルビー。
誕生花は、ハス、ゆり。








































Akira MagazineAkira Magazine

〒612-8065
Fushimi-ku Kyoto city


おしらせ