本文へスキップ

難病 パーキンソン病患者と共に生きる。

パーキンソン病 介護・症状日誌

 PC版スマートホン版 

介護日誌Carea Diary

介護日誌(2016年10月)

施設写真
パーキンソン病患者の夫として、介護者として、日々の出来事、気づいた点を綴ります。
進行期を経て薬の量、服薬時間で症状が少し改善。wearing-off(日内変動)があり、ONを継続させるため四苦八苦で日々格闘中。

 ・作業療法士による訪問リハビリを週3日間(通算時間120分)、
 ・言語療法士による訪問リハビリを週1日間(40分)、
 ・訪問看護を週1日(60分)を行っている。

介護を行っていると精神的に追い込まれる事が多く気分転換に留意。



介護日誌 (パーキンソン病発症10年目)

 平成28年10月30日(
介護日誌2016年6月
 10月第4週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して59週間目。

平均ON時間は、11.75時間(5日間)。
平均OFF時間は、3.25時間(5日間)。

OFF回数:13回/週。1時間以上のOFF :3回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド750mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト20mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
Respite入院後は調子が悪い。
生活環境の違いによるのもか??
 10月第3週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して58週間目。

平均ON時間は、12.50時間(3日間)。
平均OFF時間は、2.50時間(3日間)。

OFF回数:6回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド750mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト20mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・Respite入院により今週は3日間の記録。
平成28年10月23日(
介護日誌2016年6月
平成28年10月16日(
介護日誌2016年6月
  10月第2週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して57週間目。

平均ON時間は、13.25時間(7日間)。
平均OFF時間は、1.75時間(7日間)。

OFF回数:15回/週。1時間以上のOFF :5回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド750mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト20mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・レキップCRを毎日の服薬して2週間、幻視、幻聴が
 出始める。
  10月第1週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して56週間目。

平均ON時間は、13.75時間(7日間)。
平均OFF時間は、1.25時間(7日間)。

OFF回数:8回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド750mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト20mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・レキップCRを毎日の服薬したらON時間が延び、OFF
 回数が減る。
平成28年10月09日(
介護日誌2016年6月
平成28年10月02日(
会議日誌2016年3月
レキップCR2mg
各日に服用していたが、家内と話し合い毎日服用することにした。副作用の幻視、幻聴、傾眠は覚悟。

過去の幻視の症状は、ホコリが舞っている、小さい虫が見える、ドアのぶが人の顔に見える、人が部屋にいる、気配がする等。
幻聴は、名前を呼ばれ、チャイムが聞こえる、話し声が聞こえる等。
L-Dopaが切れる深夜に痛みを伴う筋固縮があり不眠と
痛みを耐えないといけない。

効果は日中のON時間が延びる。

数週間様子を見よう。
 09月第5週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して55週間目。

平均ON時間は、12.75時間(7日間)。
平均OFF時間は、2.25時間(7日間)。

OFF回数:12回/週。1時間以上のOFF :7回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド750mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト20mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/各日。

気にかかる症状、変化
・レキップCRの服薬日はON時間が延びる。
 平成28年10月02日(
介護日誌2016年6月
介護日誌2015年10月
藤袴の花
 神無月
神無月(かんなづき)と呼び、新暦10月の別名としても用いる。
「神の月」出雲大社に全国の神が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなるとという説は、中世以降の後付けで、出雲大社の御師が全国に広めた語源俗解である。

誕生石は、トルマリン。
誕生花は、シクラメン、藤袴。






































Akira MagazineAkira Magazine

〒612-8065
Fushimi-ku Kyoto city


おしらせ