本文へスキップ

難病 パーキンソン病患者と共に生きる。

パーキンソン病 介護・症状日誌

介護日誌Carea Diary


介護日誌(2017年04月〜6月)

施設写真
パーキンソン病患者の夫として、介護者として、日々の出来事、気づいた点を綴ります。
進行期を経て薬の量、服薬時間で症状が少し改善。wearing-off(日内変動)があり、ONを継続させるため四苦八苦で日々格闘中。

・作業療法士による訪問リハビリを週3日間
 (通算時間120分)、
・言語療法士による訪問リハビリを週1日間
 (40分)、
・訪問看護を週1日
 (60分)を行っている。

介護を行っているとOFFの時間と回数に伴って精神的に追い込まれる事が多く気分転換に留意。



介護日誌 4月 (パーキンソン病発症11年目)

 04月第05週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して85週目。

平均ON時間は、13.82時間(7日間)
平均OFF時間は、1.18時間(7日間)

OFF回数:9回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・明確なOFF(無動)が少なくなってきたが、日内変動は
 依然とある。 
・L-dopaを50mg減量。 
平成29年04月30日(
介護日誌2016年6月 
平成29年04月23日(
介護日誌2016年6月 
  04月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して84週目。

平均ON時間は、13.50時間(7日間)
平均OFF時間は、1.50時間(7日間)

OFF回数:5回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・明確なOFF(無動)が少なくなってきたが、日内変動は
 依然とある。 
・L-dopaを50mg減量。
 04月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して83週目。

平均ON時間は、13.92時間(7日間)
平均OFF時間は、1.08時間(7日間)

OFF回数:3回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・明確なOFF(無動)が少なくなってきたが、日内変動は
 依然とある。 
・L-dopaを50mg減量とした。
平成29年04月16日(
介護日誌2016年6月
  平成29年04月09日(
介護日誌2016年6月
 04月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して82週目。

平均ON時間は、14.35時間(7日間)
平均OFF時間は、0.68時間(7日間)

OFF回数:3回/週。1時間以上のOFF :2回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド750mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・明確なOFF(無動)が少なくなってきたが、日内変動は
 依然とある。
 04月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して81週目。

平均ON時間は、13.00時間(1日間)
平均OFF時間は、2.00時間(1日間)

OFF回数:1回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド750mg、COMT600mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
・明確なOFF(無動)が少なくなってきたが、日内変動は
 依然とある。
  平成29年04月02日(
介護日誌2016年6月
卯の花
卯の花
 卯月
卯月(うづき)と呼び、新暦04月の別名としても用いる。

卯の花が咲く季節を楽して卯月と呼ばれるようになった事が定説。
他に、十二支の4番目が卯であることから「卯月」、稲の苗を植える月であるから「植月(うえつき)」「田植苗月(たうなへづき)」とする説などがある。

誕生石は、ダイアモンド。
誕生花は、木通(あけびの花)、山吹(やまぶき)、桜。


介護日誌 5月 (パーキンソン病発症11年目)

05月第05週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して90目。

平均ON時間は、15.00時間(4日間)
平均OFF時間は、0.00時間(4日間)

OFF回数:0回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT700mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR4mg/日。

気にかかる症状、変化
 21時以降、痛みを伴うOFF。
 日中、傾眠が多くなる。
 幻視(室内に砂が舞っている)
平成29年05月31日(
介護日誌2016年6月
平成29年05月28日(
介護日誌2016年6月
05月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して89目。

平均ON時間は、14.25時間(4日間)
平均OFF時間は、0.75時間(4日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT700mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR4mg/日。

気にかかる症状、変化
 21時以降、痛みを伴うOFF。
 日中、傾眠が多くなる。
 05月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して88目。

平均ON時間は、14.41時間(3日間)
平均OFF時間は、0.59時間(3日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT700mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR4mg/日。

気にかかる症状、変化
 21時以降、痛みを伴うOFF。
 レキップCRを4mgに増量。
  平成29年05月21日(
介護日誌2016年6月
  平成29年05月14日(
介護日誌2016年6月
 05月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して87週目。

平均ON時間は、13.07時間(7日間)
平均OFF時間は、1.93時間(7日間)

OFF回数:10回/週。1時間以上のOFF :4回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT700mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
 21時以降、痛みを伴うOFFが多く24時頃まで続く。
 05月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して86週目。

平均ON時間は、13.16時間(6日間)
平均OFF時間は、1.84時間(6日間)

OFF回数:6回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド700mg、COMT700mg/日、
 ノウリアスト40mg/日、
 トレリーフ50mg/日、アリセプトD5mg/日、
 レキップCR2mg/日。

気にかかる症状、変化
 21時以降、痛みを伴うOFFが多く24時頃まで続く。
  平成29年05月07日(
介護日誌2016年6月
15MAY01
さつきの花
 皐月
皐月(さつき)と呼び、新暦05月の別名としても用いる。

皐月は、耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月として「さつき」になった。早苗を植える月「早苗月(さなえづき)」が略され、「さつき」になったとする説もあるが、「早苗」の「さ」も耕作の「さ」が語源とされる。

誕生石は、エメラルド。
誕生花は、カーネンション、バラ、つつじ、花菖蒲。


介護日誌 6月 (パーキンソン病発症11年目)

 06月第05週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して94週目。

平均ON時間は、14.35時間 (7日間)
平均OFF時間は、0.65時間 (7日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、妄想。
 OFF時:無動、流涎、呂律が悪い。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日

気にかかる症状、変化
 妄想、夢と現実が判断できない。
 また、傾眠時間が長い。
平成29年07月02日(
介護日誌2016年6月
平成29年06月25日(
介護日誌2016年6月
 06月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して93週目。

平均ON時間は、14.46時間 (7日間)
平均OFF時間は、0.54時間 (7日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、幻聴。
 OFF時:無動、流涎、呂律が悪い。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日

気にかかる症状、変化
 幻聴、幻視が出現している。
 また、傾眠時間が長い。
 06月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して92週目。

平均ON時間は、13.82時間 (7日間)
平均OFF時間は、1.18時間 (7日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、幻聴。
 OFF時:無動、流涎、呂律が悪い、姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日

気にかかる症状、変化
 幻聴、幻視が出現している。
 また、傾眠時間が長い。
平成29年06月18日(
介護日誌2016年6月
平成29年06月11日(
介護日誌2016年6月
 06月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して91週目。

平均ON時間は、14.03時間 (7日間)
平均OFF時間は、0.97時間 (7日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想。
 OFF時:無動、流涎、呂律が悪い、姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-6mg/日。

気にかかる症状、変化
 幻視(室内に砂が舞っている)が見える。
 車を狙われている。娘が心配と訴える。
 日中の10〜16時頃まで傾眠が多い。
 ON時直立歩行が出来ず前屈みで歩行。
 06月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して90週目。

平均ON時間は、14.66時間(3日間)
平均OFF時間は、0.34時間(3日間)

OFF回数:0回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視。
 OFF時:無動、ジストニア、流涎、呂律が悪い、
     姿勢反射。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-700mg、COMT-700mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-6mg/日

気にかかる症状、変化
 幻視(室内に砂が舞っている)が見える。ふらつき
 こける事が日に2〜3回。コップを落とす事が多い。
 日中の10〜16時頃まで傾眠が多い。
 ON時直立歩行が出来ず前屈みで歩行。
  平成29年06月04日(
介護日誌2016年6月
2017_6 水無月。
旧暦の6月。水無月の「無」は、連体助詞「な」で、「水の月」という意味。水無月は田に水を引く月であることからと言われるようになった。

開花する花では、花菖蒲、南天、紫陽花が知られている。

6月30日に過ぎた半年のお祓いと、来る半年の無病息災を願って食べる菓子として「水無月」が知られている。









































Akira MagazineAkira Magazine

〒612-8065
Fushimi-ku Kyoto city


おしらせ