本文へスキップ

難病 パーキンソン病患者と共に生きる。

パーキンソン病 介護・症状日誌

介護日誌Carea Diary


介護日誌(2017年07月〜09月)

施設写真
パーキンソン病患者の夫として、介護者として、日々の出来事、気づいた点を綴ります。
進行期を経て薬の量、服薬時間で症状が少し改善。wearing-off(日内変動)があり、ONを継続させるため四苦八苦で日々格闘中。

・作業療法士による訪問リハビリを週3日間
 (通算時間120分)、
・言語療法士による訪問リハビリを週1日間
 (40分)、
・訪問看護を週1日
 (60分)を行っている。


介護を行っているとOFFの時間と回数に伴って精神的に追い込まれる事が多く気分転換に留意。


介護日誌 7月 (パーキンソン病発症11年目)

平成29年07月30日(
介護日誌2016年6月
 07月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して98週目。

平均ON時間は、14.89時間(7日間)
平均OFF時間は、0.11時間(7日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
     ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・床に入ってのOFF時と朝8時頃まで血圧が高い
  (170/100、脈拍85回)。
 ・ON時の幻視、妄想が気にかかる。
 ・洋服の前後ろ、表裏を指摘されないと解らない。

対応
 ・食事にスプーンを使う事を多くした。
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・洗濯物をたたむのを手伝ってもらう。
 07月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して97週目。

平均ON時間は、14.42時間(7日間)
平均OFF時間は、0.58時間(7日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・夢と現実の錯誤。ON/OFF症状。
 ・食事中にお箸、茶碗を落とす。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不調。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・薬を勘違いして飲む(注意力散漫)。
  平成29年07月23日(
介護日誌2016年6月
平成29年07月16日(
介護日誌2016年6月
 07月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して96週目。

平均ON時間は、14.10時間(7日間)
平均OFF時間は、0.90時間(7日間)

OFF回数:5回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・夢と現実の錯誤。ON/OFF症状。
 ・食事中にお箸、茶碗を落とす。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不調。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・薬を勘違いして飲む(注意力散漫)。
 07月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して95週目。

平均ON時間は、14.46時間(7日間)
平均OFF時間は、0.54時間(7日間)

OFF回数:5回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・夢と現実の錯誤。ON/OFF症状。
 ・食事中にお箸、茶碗を落とす。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不調。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・薬を勘違いして飲む(注意力散漫)。

 注意力散漫等に対して対策が必要。
  平成29年07月09日(
介護日誌2016年6月
ハスの花
はすの花
 文月
文月(ふみつき)と呼び、新暦07月の別名としても用いる。

7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。

誕生石は、ルビー。
誕生花は、ハス、ゆり。


介護日誌 8月 (パーキンソン病発症11年目)

08月第05週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して103週目。

平均ON時間は、14.10時間(5日間)
平均OFF時間は、0.90時間(5日間)

OFF回数:1回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、呂律が悪い、ピサ。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不調。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・床に入ってOFF時に60分位、痛みを訴える。
 ・L-Dopa、コムタンを各600mg/日にした方が
  調子が良い。

対応
 ・食事にスプーンを使う事を多くした。
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・洗濯物をたたむのを手伝ってもらう。
平成29年08月31日(金
介護日誌2016年6月

平成29年08月27日(
介護日誌2016年6月
08月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して102週目。

平均ON時間は、14.53時間(7日間)
平均OFF時間は、0.47時間(7日間)

OFF回数:1回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、呂律が悪い、ピサ。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-700mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不安定。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・床に入ってのOFF時(23:30分)と朝8時頃まで血圧が
  高い(166/75、脈拍75回)。
 ・L-Dopa、コムタンを各600mg/日にした方が
  調子が良い。

対応
 ・食事にスプーンを使う事を多くした。
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・洗濯物をたたむのを手伝ってもらう。
08月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して101週目。

平均ON時間は、14.03時間(7日間)
平均OFF時間は、0.97時間(7日間)

OFF回数:3回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、呂律が悪い、ピサ。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不調。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・床に入ってのOFF時と朝8時頃まで血圧が高い
  (170/100、脈拍90回)。
 ・L-Dopa、コムタンを各600mg/日にした方が
  調子が良い。

対応
 ・食事にスプーンを使う事を多くした。
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・洗濯物をたたむのを手伝ってもらう。
平成29年08月20日(
介護日誌2016年6月
平成29年08月13日(
介護日誌2016年6月
08月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して100週目。

平均ON時間は、14.00時間(7日間)
平均OFF時間は、1.00時間(7日間)

OFF回数:6回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
 ピサ。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-700mg、COMT-700mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・食事中にお箸、茶碗を落とす。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不調。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・床に入ってのOFF時と朝8時頃まで血圧が高い
  (160/90、脈拍70回)。
 ・上肢のみONの時間が増える。

対応
 ・食事にスプーンを使う事を多くした。
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・洗濯物をたたむのを手伝ってもらう。
 ・血圧が高い時間を減らすためにL-Dopaを100mg
  追加。
 08月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して99週目。

平均ON時間は、14.34時間(5日間)
平均OFF時間は、0.69時間(5日間)

OFF回数:5回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
 ピサ。

服薬量(7回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-700mg、COMT-700mg/日、
 ノウリアスト-40mg/日、
 トレリーフ-50mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・食事中にお箸、茶碗を落とす。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・20時以降不調。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る(注意力散漫)。
 ・床に入ってのOFF時と朝8時頃まで血圧が高い
  (170/100、脈拍85回)。
 ・上肢のみONの時間が増える。

対応
 ・食事にスプーンを使う事を多くした。
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・洗濯物をたたむのを手伝ってもらう。
 ・血圧が高い時間を減らすためにL-Dopaを100mg
  追加。
  平成29年08月06日(
介護日誌2016年6月
玉簾の花 葉月。
旧暦の8月。葉月(はづき)は、 稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。

開花する花には、たますだれ(玉簾)、くず(葛)など。
誕生石は、サードニクス、ペリドット。


介護日誌 9月 (パーキンソン病発症11年目)

09月第05週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して107週目。

平均ON時間は、13.96時間(7日間)
平均OFF時間は、1.04時間(7日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
 ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・傾眠は少なく成った。
 ・自発的に動く事(歩く)が多く成った。
 ・15時〜16時、20時〜21時頃、妄想が出現。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。

対応
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・ノウリアスト- 20mg。
  トレリーフ- 25mg 。
平成29年09月30日(土)
介護日誌2016年6月
平成29年09月24日(
介護日誌2016年6月
09月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して106週目。

平均ON時間は、13.00時間(7日間)
平均OFF時間は、2.00時間(7日間)

OFF回数:7回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
 ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・傾眠は少なく成った。
 ・自発的に動く事(歩く)が多く成った。
 ・15時〜16時、20時〜21時頃、妄想が出現。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。

対応
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・ノウリアスト- 20mg → 0mg。
  トレリーフ- 25mg 。
09月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して105週目。

平均ON時間は、14.21時間(7日間)
平均OFF時間は、0.79時間(7日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
 ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・傾眠は少なく成った。
 ・自発的に動く事(歩く)が多く成った。
 ・15時〜16時、20時〜21時頃、妄想が出現。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。

対応
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・ノウリアスト-20mg/日、
  トレリーフ-25mg/日。
平成29年09月17日(
介護日誌2016年6月
平成29年09月10日(
介護日誌2016年6月
09月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して104週目。

平均ON時間は、14.60時間(7日間)
平均OFF時間は、0.40時間(7日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、妄想、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
 ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・傾眠は少なく成った。
 ・自発的に動く事(歩く)が多く成った。
 ・15時〜16時、20時〜21時頃、妄想が出現。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。

対応
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・ノウリアスト-20mg/日、
  トレリーフ-25mg/日。
 09月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して103週目。

平均ON時間は、14.37時間(2日間)
平均OFF時間は、0.63時間(2日間)

OFF回数:0回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、呂律が悪い。
 OFF時:無動、筋固縮、構音、感覚、呂律が悪い、
 ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・傾眠は少なく成った。
 ・15時〜16時、20時〜21時頃、妄想が出現。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。

対応
 ・懸濁液にての服薬を8時、14時30分、19時30分
  とする。
 ・ノウリアスト-40→20mg/日、
  トレリーフ-50→25mg/日。
  平成29年09月03日(
介護日誌2016年6月
 平成26年09月01日(金)
14SEP01
 長月
長月(ながつき)と呼び、新暦9月の別名としても用いる。由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとする説が最も有力である。
また、稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説がある。
誕生石は、サファイア、アイオライト
誕生花は、リンドウ、芙蓉、桔梗。











































Akira MagazineAkira Magazine

〒612-8065
Fushimi-ku Kyoto city


おしらせ