本文へスキップ

難病 パーキンソン病患者と共に生きる。

パーキンソン病 介護・症状日誌

介護日誌Carea Diary


介護日誌(2017年10月〜12月)

施設写真
パーキンソン病患者の夫として、介護者として、日々の出来事、気づいた点を綴ります。
進行期を経て薬の量、服薬時間で症状が少し改善。wearing-off(日内変動)があり、ONを継続させるため四苦八苦で日々格闘中。

・作業療法士による訪問リハビリを週3日間
 (通算時間120分)、
・言語療法士による訪問リハビリを週1日間
 (40分)、
・訪問看護を週1日
 (60分)を行っている。


介護を行っているとOFFの時間と回数に伴って精神的に追い込まれる事が多く気分転換に留意。



介護日誌 10月 (パーキンソン病発症12年目)

平成29年10月29日(
介護日誌2016年6月
 10月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して111週目。

平均ON時間は、14.10時間(7日間)
平均OFF時間は、0.90時間(7日間)

OFF回数:1回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻聴、幻視、妄想。
 OFF時:無動、入床後胸痛。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。 
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。
 ・OFFの時間が短く成った。
 ・就寝10時頃。
 ・入床後、胸の痛み(5日間)
 10月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して110週目。

平均ON時間は、13.35時間(7日間)
平均OFF時間は、1.65時間(7日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:妄想、傾眠。
 OFF時:無動、胸の痛み。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。 
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。
 ・OFFの時間が短く成った。
 ・就寝時間が早くなる。
 ・入床後、胸の痛み(2日間)
平成29年10月22日(
介護日誌2016年6月
  平成29年10月15日(
介護日誌2016年6月
 10月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して109週目。

平均ON時間は、14.17時間(7日間)
平均OFF時間は、0.83時間(7日間)

OFF回数:1回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:妄想、幻聴、振戦、傾眠。
 OFF時:無動、胸の痛み。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。 
 ・白内障と診断される。
 ・傾眠は少なく成った。
 ・18時〜20時頃に錯誤が出現。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。

対応
 ・1日1回散歩。
 ・懸濁液で服薬を14時15分、19時15分とする。

その他
 アイクルミを服用して2年が過ぎ、症状の経過を 
 ひらめきのページ
 ”クルミ栄養補助食品摂取後2年間の報告” に記載。
 驚きの改善でした。
 10月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して108週目。

平均ON時間は、14.32時間(7日間)
平均OFF時間は、0.68時間(7日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視、幻聴。
 OFF時:無動、構音、胸の痛み(感覚)、ピサ。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・お箸で食物をつかみにくい。 
 ・白内障と診断される。
 ・傾眠は少なく成った。
 ・18時〜20時頃に錯誤が出現。
 ・服の前後ろ、裏表逆で洋服を着る。

対応
 ・視力低下(0.1、0.3)、
  メガネを作る(両眼で0.5に)。
 ・服薬を08時、9時15分、11時30分、14時15分
  17時30分、19時15分とする。
 ・グレープジュースで服薬を14時15分、
  19時15分とする。
  平成29年10月08日(
介護日誌2016年6月
介護日誌2015年10月
藤袴の花
 神無月
神無月(かんなづき)と呼び、新暦10月の別名としても用いる。
「神の月」出雲大社に全国の神が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなるとという説は、中世以降の後付けで、出雲大社の御師が全国に広めた語源俗解である。

誕生石は、トルマリン。
誕生花は、シクラメン、藤袴。


介護日誌 11月 (パーキンソン病発症12年目)

 平成29年11月30日(木)
介護日誌2016年6月
11月第05週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して116週目。

平均ON時間は、13.40時間(5日間)
平均OFF時間は、1.60時間(5日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :4回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、胸痛。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・朝ONに成るまで約90分かかる。
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る。
 ・お箸で空をつかもうとする。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・入床後、胸の痛み(3日間)。

対応
 ・懸濁液で服薬:19時15分。
 ・レキップCRを8時に2mg、11時30分に2mg服薬。
11月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して115週目。

平均ON時間は、12.53時間(7日間)
平均OFF時間は、2.47時間(7日間)

OFF回数:8回/週。1時間以上のOFF :4回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、流涎。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、レキップCR-2mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る。
 ・お箸で空をつかもうとする。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・入床後、胸の痛み、違和感(3日間)
 ・ON時間減少。

対応
 ・懸濁液で服薬:14時15分、19時15分。
 ・ONが減少のためレキップCRを2 → 4mgに増量。
平成29年11月26日(
介護日誌2016年6月
平成29年11月21日(
2017_11
レキップCR削減結果。
妄想が多いためトレリーフ錠服薬中止、レキップCRを
4 → 2mgに減量したが、日中の調子が悪く、また、20時以降ONにならないため22日以降レキップCRを
4mgに戻す。
11月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して114週目。

平均ON時間は、11.30時間(5日間)
平均OFF時間は、3.70時間(5日間)

OFF回数:7回/週。1時間以上のOFF :2回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、妄想、幻視。
 OFF時:無動、振戦、流涎。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、レキップCR-2mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る。
 ・お箸で空をつかもうとする。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・入床後、胸の痛み、違和感(3日間)
 ・ON時間減少。

対応
 ・懸濁液で服薬:14時15分、19時15分。
 ・妄想が多いためトレリーフ錠服薬中止、
  レキップCRを4 → 2mgに減量。
平成29年11月19日(
介護日誌2016年6月
平成29年11月12日(
介護日誌2016年6月
11月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して113週目。

平均ON時間は、11.33時間(3日間)
平均OFF時間は、1.67時間(3日間)

OFF回数:1回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、妄想、幻視。
 OFF時:無動、振戦、流涎。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、レキップCR-2mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る。
 ・お箸で空をつかもうとする。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・入床後、胸の痛み、違和感(1日間)
 ・ON時間減少。

対応
 ・懸濁液で服薬:14時15分、19時15分。
 11月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して112週目。

平均ON時間は、14.06時間(4日間)
平均OFF時間は、0.94時間(4日間)

OFF回数:0回/週。1時間以上のOFF :1回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視。
 OFF時:無動、妄想、流涎。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 トレリーフ-25mg/日、アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る。
 ・お箸で空をつかもうとする。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・妄想が多くなってきた。
 ・入床後、胸の痛み、違和感(1日間)

対応
 ・懸濁液で服薬:14時15分、19時15分。
  平成29年11月05日(
介護日誌2016年6月
介護日誌2015年11月
菊の花
 霜月
霜月(しもつき)と呼び、新暦11月の別名としても用いる。
「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の略とする説が有力とされる。

誕生石は、トパーズ。
誕生花は、菊、さざんか、柊。


介護日誌 12月 (パーキンソン病発症12年目)

12月第05週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して119週目。
 今週は、不調。

平均ON時間は、13.34時間(8日間)
平均OFF時間は、1.66時間(8日間)

OFF回数:9回/週。1時間以上のOFF :5回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、脚の痛み。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る
 ・お箸で空をつかもうとする
 ・お箸で食物をつかみにくい
 ・入床後、胸痛(3日間)

対応
 ・着替え介助
平成29年12月31日(
介護日誌2016年6月
平成29年12月24日(
介護日誌2016年6月
12月第04週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して119週目。
 今週は、不調。

平均ON時間は、12.64時間(7日間)
平均OFF時間は、2.36時間(7日間)

OFF回数:9回/週。1時間以上のOFF :2回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る
 ・お箸で空をつかもうとする
 ・お箸で食物をつかみにくい
 ・入床後、胸痛(3日間)

対応
 ・着替え介助
 ・服薬時間検討
12月第03週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して118週目。

平均ON時間は、14.00時間(7日間)
平均OFF時間は、1.00時間(7日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :3回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、流涎、痛み。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る
 ・お箸で空をつかもうとする
 ・お箸で食物をつかみにくい
 ・入床後、胸痛(1日間)

対応
 ・着替え介助
 ・服薬時間検討
平成29年12月17日(
介護日誌2016年6月
平成29年12月10日(
介護日誌2016年6月
12月第02週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して117週目。

平均ON時間は、13.57時間(7日間)
平均OFF時間は、1.43時間(7日間)

OFF回数:4回/週。1時間以上のOFF :4回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠。
 OFF時:無動、流涎、胸痛。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る。
 ・お箸で空をつかもうとする。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・入床後、胸痛(2日間)。
 ・7日、頭より転倒。

対応
 ・外科にて5針縫う。
 12月第01週の症状。
・クルミ補助食品(アイクルミ)を服用して116週目。

平均ON時間は、14.37時間(2日間)
平均OFF時間は、0.63時間(2日間)

OFF回数:2回/週。1時間以上のOFF :0回/週。

出現症状は、
 ON時:傾眠、幻視。
 OFF時:無動、流涎。

服薬量(6回の頻回投与、約2時間置き):
 ネオド-600mg、COMT-600mg/日、
 ノウリアスト-20mg/日、
 アリセプトD-5mg/日、
 レキップCR-4mg/日。

気にかかる症状、変化
 ・服の前後ろ、表裏逆で着る。
 ・お箸で空をつかもうとする。
 ・お箸で食物をつかみにくい。
 ・入床後、胸の痛み(1日間)。

対応
 ・食事の量を減らす。
  平成29年12月03日(
介護日誌2016年6月
介護日誌2015年12月
ポインセチア
 師走
師走(しわす)と呼び、新暦12月の別名としても用いる。
師走の主な語源説として、師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」とする説が有力とされる。

誕生石は、ターコイズ、ブルージルコン。
誕生花は、ポインセチア、シクラメン。







































Akira MagazineAkira Magazine

〒612-8065
Fushimi-ku Kyoto city


おしらせ