本文へスキップ

難病 パーキンソン病患者と共に生きる。

パーキンソン病 介護・症状日誌

ひらめき レポートSerendipity report


ドーパミン神経系・PD薬・検査・メカニズム・神経細胞・様々な気づき施設写真


介護を通して症状、薬、脳、神経、仕組みの事など疑問が生まれます。

パーキンソン病に関する最新情報を検索、文献の調査を行い知見を増やし理解を深め対応することで ADL(日常生活動作)、QOL(快適な生活環境)の向上に役立てています。また、気の付いた点、ひらめいた、受容れた点をまとめ項目別に紹介します。

パーキンソン患者と介護者の挑戦 レポートも紹介。



☆ ドーパミン神経・中枢神経・末梢神経とは?

クリニック外観
ヒトでは全ての細胞が同じような働きをしているわけではなく筋肉細胞は筋肉に役立つように特定の形質を発現するように変化すしています。ランゲルハンス島(脊椎動物の膵臓内に散在する内分泌線組織)のβ細胞はインスリン(体内の血糖値を下げるホルモン)を作るように
分化しています。 その中で、ドーパミン神経細胞は情報処理に特化しています。

神経系は、構造のうえから脳・脊髄・末梢神経に分けられ、脳と脊髄を中枢神経系、末梢神経から送られてくる情報を受け、それに応じて指令を発するコントロールシステムの役割を果たしています。神経細胞に対して興味かあることがらを紹介します。 
(詳細は、下線部分をクリック)

 D ドーパミン神経の種類

 C ドーパミン受容体の種類

 B 末梢神経系概略図

 A 末梢神経系の働き

 @ 中枢神経系の働き

 



 

☆ パーキンソン病 薬・検査に付いて

クリニック外観
パーキンソン病(PD)を患い薬物対症療法にて服薬をスタートしますが、初期には服薬量、種類は少なくて効果が表れますが、進行に
伴い服薬量、種類が多くなります。PDの症状なのか副作用の症状なのかが理解しにくくなります。また、食前、食後、食間での服薬にも
効果が変わってきます。

最近、検査機器の進歩により細胞内での神経伝達物質の産生量も把握できるようになってきました。検査と問診により適正な投薬量の判断が以前より適切に行えるようになりましたので紹介したいと思います。(詳細は、下線部分をクリック)
 

 N PDに結核薬が効果を

 M PDに糖尿薬が効果を

 L 既存薬効果の再発見

 K 治療健康維持領域

 J PD薬は正直

 I 認知症 薬

 H PD薬コムタンのCDS

 G PD薬 の副作用と脳部位

 F PD薬の維持量

 E COMT阻害薬減量

 D 血中酸素濃度計

 C ドーパミ産生

 B FMT-PET検査

 A ヤール(Hone-Yahr)重症度分類表

 @ UPDRSスケール(評価)




☆ パーキンソン病のメカニズム関連

クリニック外観


パーキンソン病(PD)を患い脳、神経細胞、ドーパミン神経伝達
物質等疑問が次から次へと生まれてきます。ここでは、PDと症状
(ジストニア)ドーパミン量が上昇、下降した場合の症状、遺伝子、
レヴィ正体、等のメカニズムを紹介したいと思います。参考になれば
良いのですが・・。

(詳細は、下線部分をクリック)



 M 神経変性疾患を防ぐ

 L GBA遺伝子とPDの関係性

 K PD進行に伴う脳部位の特定  

 J PDにセルトラリンが有効

 I PD 新たな知見「免疫細胞」

 H PD 進行に伴う出現症状の予測

 G 新たな知見「ジストニア」

 F PD発症Braak 仮説

 E ドーパミントランスポーター

 D アミノ酸からの産生経路

 C 私見PDの出現症状

 B ド−パミン量上昇・低下時の症状 

 A PDとジストニアのメカニズム

 @ 前頭葉とドーパミン量




☆ 神経細胞に付いて

クリニック外観
大脳皮質の神経細胞の数はおよそ100億から180億くらいあり、一般には平均値をとって大脳皮質の神経細胞の数140億個であるとされています。
パーキンソン病(PD)を知る上では神経細胞の働きを知ることが
重要となってきます。細胞のエネルギー元、細胞保護、ネットワークの増強、細胞の変性、脱落等を紹介します。
(詳細は、下線部分をクリック)



 D PDと核酸(細胞保護)

 C ニューリチン・VGF蛋白質

 B 生体内のエネルギーを作る (ATP)

 A ミトコンドリア増殖に付いて

 @ 髄鞘化(ミエリン化)
 



☆ 様々な気づき、ひらめき。

クリニック外観
介護を通して症状、薬、脳、神経細胞、神経の仕組み、症状のメカニズムなどの慰問が生まれてきます。また、近年、パーキンソン病(PD)の研究発表も数多く少しずつ解明してきました。

パーキンソン病に関する様々な疑問、チャレンジ、思い、経験したことを紹介します。
ADL(日常生活動作)、QOL(快適な生活環境)の向上、治癒を目指して。
(詳細は、下線部分をクリック)


 K 痛みを和らげるオキシドシン

 J 睡眠と覚醒

 I クルミ栄養補助食品摂取2年後の検証

 H クルミのサプリメントA

 G クルミのサプリメント@

 F 心不全症・肺炎・胸水の顛末

 E PD・オートファジーの関係

 D PDD・DLBの大脳皮質萎縮

 C PD・ADの脳部位の萎縮

 B PD・新手法遺伝子治療

 A ドーパミン量をコントロール

 @ 所見が大切








































Akira MagazineAkira Magazine

〒612-8065
Fushimi-ku Kyoto city


おしらせ